設備

ごみ処理施設の設備をご紹介

受入・ごみ焼却処理設備

1. ごみ計量機
ごみ収集車が集めてきたごみは、計量機で重さを量り、コンピュータ処理により集計・記録されます。
ごみ計量機
2. プラットホーム
ごみ収集車はここからごみピットへごみを投入します。
プラットホーム
3. ごみピットとごみクレーン
ごみはごみピットに溜められ、クレーンによって焼却炉へ 投入します。
ごみピットとごみクレーン
4. 中央制御室
焼却炉など焼却・発電設備機器の運転・制御・監視をここで行います。 また、運転状況の記録、ごみの搬入量、排ガス分析値、電力量などのデータ処理も行います。
中央制御室
5. 焼却炉
ごみを850〜950℃の高温で燃焼します。
焼却炉
6. 焼却炉内部
焼却炉は水平火格子の炉で燃焼の安定性が高く、 有害ガスの発生を抑えています。
焼却炉内部

発電設備

1. ボイラ
ごみの燃焼によって発生する高温ガスの熱で、水を蒸気にすることで熱エネルギーを回収します。
焼却炉
2. 蒸気タービン発電機
ボイラで発生する蒸気で、蒸気タービン発電機を回転させ、最大8,000kWの電気を発電します。
焼却炉内部

排ガス処理設備

1. ろ過式集じん器
排ガス中のばいじんをろ布と呼ばれるフィルタで取り除きます。 また活性炭や消石灰を吹き込み、有害物質も取り除きます。
ろ過式集じん器
2. 触媒反応塔
排ガス中の有害物質とアンモニアガスを触媒により反応させ分解 します。
触媒反応塔

灰溶融設備

1. 主灰破砕機
焼却灰を均一な大きさにするために破砕します。
主灰破砕機
2. 主灰磁選機
焼却灰に含まれる鉄分を回収します。
主灰磁選機
3. 灰溶融制御室
灰溶融設備の機器を運転・制御・監視します。
灰溶融制御室
4. 溶融炉本体
灰溶融炉
焼却灰を約1,500℃の電気抵抗熱で溶融します。 溶融した灰はスラグとメタルとして取り出されます。 スラグは路盤材やアスファルト骨材などに再利用され、 メタルは金属回収などに再利用することが出来ます。
溶融炉本体
5. 炉内溶融状況 炉内溶融状況
6. メタル鋳銑機
溶融炉から取り出して溶けたメタルをメタル鋳銑機の型に 入れて冷却して取り出します。
メタル鋳銑機
7. 出滓状況
約1,500℃の溶融スラグを炉から抜き出し、水冷にて粒状 スラグにします。
出滓状況
8. スラグピット
焼却灰を溶融して出来たスラグを一時溜めています。
スラグピット
9. 飛灰安定化装置
ばいじん中の重金属類を薬剤処理で無害にします。
飛灰安定化装置

破砕選別設備

1. 不燃ごみピット
もやさないごみは不燃ごみピットにいったん集められ、 破砕機へ送られます。
不燃ごみピット
2. 切断機
可燃そ大ごみは切断機で小さく切断してごみピットへ 送られます。
切断機
3. 不燃ごみ受入ホッパ
もやさないごみ、不燃そ大ごみは受入ホッパに入れられ、 破砕機へ運ばれます。
不燃ごみ受入ホッパ
4. 低速回転破砕機
もやさないごみと不燃そ大ごみは、低速回転破砕機で 大まかに砕かれます。
低速回転破砕機
5. 高速回転破砕機
大まかに砕かれたもやさないごみ、不燃そ大ごみを細かく 砕いて磁選機へ送ります。
高速回転破砕機
6. 磁選機
もやさないごみ、不燃そ大ごみの中から鉄分だけを選んで、 鉄分ホッパへ送ります。
磁選機
7. 粒度選別機
小さなごみと、大きなごみを粒度選別機で仕分けします。
粒度選別機
8. アルミ選別機
もやさないごみ、不燃そ大ごみの中からアルミ分だけを選んで、 アルミホッパへ送ります。
アルミ選別機
9. 鉄分・アルミ貯留ホッパ
もやさないごみ、不燃そ大ごみの中から選別した鉄・アルミ をここに貯め、再利用するために出荷します。
鉄分・アルミ貯留ホッパ
10. 破砕選別制御室
破砕機や選別機などの処理設備 を運転・制御・監視します。
破砕選別制御室