設備

最終処分場の設備をご紹介

余水処理施設

1. トラックスケール
運ばれてきた処理飛灰・溶融不適物・選別残渣の重さを計ります。
トラックスケール
2. 観察池
きれいで安全な水となった処理水を観察することができます。
観察池
3. 中央監視室
処理工程の現在及び過去の運転状況をモニター(データロガ)で確認することができます。
中央監視室
4. 水質試験室
各工程での水質を検査し、適正に処理されているか厳重にチェックします。
水質試験室
5. 余水処理施設 余水処理施設
6. 流入調整設備
埋立処分場内の余水を集水し、処理施設内の原水槽へ送水します。原水槽では空気撹拌をおこない腐敗防止と、水質の均一化を図り後段に定量の水量を送水します。
流入調整設備
7. 第1凝集沈殿処理設備
原水中に含まれるカルシウムを凝集沈殿除去し、
配管やポンプ類へのスケール付着による詰まりを防止します。
 
第1凝集沈殿処理設備
8. 生物処理設備
空気量及び汚水の栄養バランスに留意し、原水に含まれる主に有機性物質・窒素成分(T-N)を微生物の働きにより分解処理除去します。
 
生物処理設備
9. 第2凝集沈殿処理設備
生物処理水中に含まれる浮遊物質(SS)とCOD等を凝集剤を添加して沈殿除去します。又、CODの効率的な除去のため弱酸性及び中性凝集沈殿処理とします。
 
第2凝集沈殿処理設備
10. 高度処理設備
第2凝集沈殿処理水に残る微量な浮遊物質を砂ろ過で補足・除去します。
砂ろ過処理水に残留する溶解性のCODや色度成分を活性炭により吸着除去処理します。
 
高度処理設備
11. 消毒放流設備
公共水域への放流にあたり、大腸菌等の滅菌・消毒を行います。
又、処理水に異常が見られた場合は、原水槽又は埋立処分場へ送水します。
 
消毒放流設備
12. 汚泥処理設備
各処理設備から発生する汚泥を濃縮減容化・貯留し汚泥脱水機により脱水し、ケーキとして搬出処分します。
汚泥処理設備