持ち込みできないごみ

令和3年5月24日(月)から直接持ち込みは休止となりました。詳しくはホームページのトップ画面をご覧ください。
以下は、直接持ち込みが休止される前の内容です。



搬入(持ち込み)できないごみについて

Q1.どこから出るごみですか?

那覇・南風原クリーンセンターは、那覇市と南風原町から出る一般廃棄物(ごみ)の処理施設となります。
他市町村から出るごみは持ち込むことができません。
他市町村の方は、お住まいの役所・役場の担当課へお問い合わせください。

Q2.持ち込みできる人、できない人。

持ち込みできる人は、
(1)那覇市または南風原町の委託及び許可を受けた一般廃棄物収集運搬業者。
(2)那覇市または南風原町にお住まいの方。

(3)那覇市または南風原町の事業者で、事業所から出るごみ(一般廃棄物)を、ご自分で持ち
   込む方。※注(Q3確認)


持ち込みできない人は、上記(1)〜(3)以外となります。


Q3.事業所から出るごみですか?

事業所から出るごみには、産業廃棄物となるものが多くあります。
当センターでは産業廃棄物は受け入れ出来ません。 
処理方法は、産業廃棄物を処理・処分できる許可を受けた産業廃棄物処理事業者へ処理・処分委託することになります。
産業廃棄物処理業者は県内にも多数ありますので、インターネット等でご確認ください。
事業所から出るごみの処理に関しては、所在地の役所・役場の担当課へお問い合わせください。
産業廃棄物の種類については、沖縄県環境整備課のHPより確認してください。
http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/seibi/18972.html
 
Q4.家庭から出るごみで持ち込み(処理)できないもの

(1)那覇市と南風原町で定める適正処理困難一般廃棄物(当センターで処理できないもの)
(2)那覇市と南風原町で定める特別管理一般廃棄物(爆発性、毒性、感染性など)
(3)分別がされていないごみ(一般廃棄物)
(4)その他、極端に大きなもの、重たいもの、危険なもの。
(5)資源化物である紙類(本・雑誌、新聞・チラシ、ダンボール、書類等)


(以下は具体例)


○ご家庭から排出されたスプリング入りマットレス等について
 
那覇市では、平成28年4月1日からスプリング入りマットレス等の収集・処理を開始しました。このサービスをご利用の場合は、下記の(1)または(2)の方法をお選びください。(※このサービスは那覇市にお住まいの方が対象です。南風原町にお住まいの方は「南風原町住民環境課:889-1797」へ連絡が必要です。)
(1)那覇市へ予約すれば、那覇市の清掃車が収集に伺います(予約後に処理券を購入してください)。
(2)クリーンセンター敷地内にある「エコマール那覇」へ、お客様ご自身でスプリング入りマットレス等を直接持ち込みし、処理を依頼することもできます(有料)。
スプリング入りマットレス等の収集・処理のご予約やエコマール那覇へ直接持ち込みに関するお問い合わせ先は「那覇市クリーン推進課(予約:889-3567、問い合わせ:889-3092)」となっております。

家電4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)
 当センターでは適正処理ができないため受け入れられません(家電リサイクル法)。
 購入店、またはお近くの電器店へリサイクル処理させてください。http://www.rkc.aeha.or.jp/

PC(パソコン、ディスプレイ等)
 当センターでは適正処理ができないため受け入れられません(資源有効利用促進法)。
 製造元(メーカー)へリサイクル処理させてください。http://www.pc3r.jp/


〇消火器、ガスボンベ、タイヤ、バッテリー、ボタン電池、充電式電池、化学薬品、染料、
 劇薬、農薬、廃油。

 当センターでは適正処理ができないため受け入れられません。
 処理方法は、購入店へ相談してください。
 ボタン電池、充電式電池は購入店頭に回収BOXが設けられているところもあります。
 
  http://www.baj.or.jp/  

 消火器のリサイクル窓口 → http://www.ferpc.jp/accept/

〇紙類(
本・雑誌、新聞・チラシ、ダンボール、書類等)

   クリーンセンターで処理(焼却)することはできません。
 那覇市及び南風原町において、紙類は資源化物として処理することになっています。
 リサイクルをする民間業者がありますので相談してください。 


〇草木 
  クリーンセンターで処理(焼却)することはできません。
  那覇市及び南風原町において、草木は資源化物として処理することになっています。
  ただし、那覇市及び南風原町では、無料で引き受け(家庭からのみ)しておりますので、
  市又は町へ予約の電話をして、指定された場所へ持ち込みしてください。


土や石
 土や石はごみではありませんので受け入れられません。

〇オートバイ、自動車
  当センターでは適正処理ができないため受け入れられません。
 リサイクル処理させてください。 http://www.jarc.or.jp/

〇浄化槽、看板、貯水タンク
  当センターでは解体処理ができないため受け入れられません。
 処理方法は、解体業者等へ相談してください。

〇ピアノ
 当センターでは適正処理ができないため受け入れられません。
 購入店へお問い合わせください。

〇小型船舶(ボート、ヨットなどのFRP船)
 当センターでは解体処理ができないため受け入れられません。
 リサイクル処理させてください。http://www.marine-jbia.or.jp/recycle/index.html