2011年8月1日〜31日 クリーンセンター見学情報

ここでは、クリーンセンターを訪れる皆さんの見学の様子を掲載しています。


(48) 8月31日(水)
★大里中学校(1年生)7人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・総合学習でごみ問題について、発表するそうです。
   女子5人、男子2人の7人の見学ですが、女子に圧倒されてか、男子がはずれて聞いていた
 のが、ちょっとおかしかったです。学校で素晴らしい発表ができるといいですね。




(47) 8月31日(水)
★大道小学校(4年生)64人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・昨日の学校に引き続き、夏休み明けの見学です。
  移動中は元気いっぱい。でも座って聞くときは、集中して聞く・・・メリハリのある学校でした。




(46) 8月30日(火)
★真嘉比小学校(4年生)40人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・夏休みが明けてすぐの見学です。
  休みボケしているかな?とちょっと心配でしたが、お話を聞く態度は素晴らしかったです。
  4年生全員で、40人という少人数の学校です。みんな仲良く落ち着いたクラスでした。




(45) 8月25日(木)
★第11管区海上保安本部引率 JACA研修 14人の皆さんが見学に訪れています。
ガイドのつぶやき
 ・アジア(フィリピンやインドネシア)から、研修にいらした方々です。
  女性も含め、作業服を着ていらっしゃいました。港湾や海洋について学びに来たみなさんです。
  海のポイ捨てごみが問題になっている今、海とごみは切り離せませんね。
  クリーンセンターの最新設備には、感激していました。





(44) 8月22日(月)
★はえばる保育園学童クラブ 23人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・夏休みには、毎年見学に来てくれますが、仲間と一緒に話を聞くことで、一層ごみについて
 関心を持ってもらえると思います。



 焼却炉の模型の前で、一生懸命話を聞いているみなさんです。



(43) 8月22日(月)
★あかぎ児童館子どもエコクラブ(与那原町)28人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・与那原町のあかぎ児童館は、環境問題にも力を入れていて、町の清掃やリサイクルなど、
 とても活発に活動しています。
  クリーンセンターには、毎年見学に来てくれています。
  この日も、おそろいのユニフォームを着て、元気いっぱいの子どもたちでした。




(42) 8月4日(木)
★津嘉山学童(南風原町)27人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・台風が近づいている中、頑張ってきてくれました。とても一生懸命聞いてくれたので、
 たくさん話ができました。


 プラットフォームでは、搬入する収集車の様子を見ることができますが、今日は、台風の影響なのか
 収集車の数が少なかったです。



(41) 8月3日(水)
★よなは学童クラブ(南風原町)2グループ 54人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・よなは学童クラブには、たくさん子どもたちがいます。8月1日に1回目、今日が2回目の
 グループです。
 ・毎年見学に来てくれているので、子どもたちは繰り返し聞いた内容を、家に帰ってから
 親に伝える役割も担ってくれています。



 ごみピットの様子を手で支えながらのぞいています。一生懸命見ている姿、かわいいですね。


 灰溶融炉の前で : 焼却灰を1500度で溶融して、リサイクルしているシステムの話を聞いています。




(40) 8月1日(月)
★よなは学童クラブ(南風原町)1グループ 51人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・学年が上の子どもたちが、年少の子どもたちをまとめてくれて、とても助かりました。
 ・ペアを組んで見学してくれたので、説明しやすかったです。


 環境にやさしい製品を選ぶクイズをやっています。


 研修室にて : クリーンセンターでのごみ処理についてDVDでわかりやすく説明しています。



(39) 8月1日(月)
★みやび児童クラブ(那覇市安謝)47人の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・子どもたちは、ものすごくしっかりしていました。
 ・子どもたちから「クレーンで持ち上げる量がすごい」と言っていました。
 ・先生からは、「分別することの大切さがわかりました」という声も。
 施設見学を通して、家庭で実践してほしいですね。


 焼却炉の模型をつかって、焼却について説明しています。


 不燃ごみピットの前で : 不燃ごみや粗大ごみを大きな破砕機で、細かくしている様子を見学しています。