2012年1月28日〜3月14日 クリーンセンター見学情報

サイズ ソース ここでは、クリーンセンターを訪れる皆さんの見学の様子を掲載しています。


(105) 3月14日(水)
★「宮城原ひまわり会(那覇市寄宮)」(30人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
・先月見学にいらした自治会長さんが、地元のみなさんにもごみ処理場を見学してもらいたい、という
趣旨でいらっしゃいました。
・みなさん、ガイドの説明をしっかり聞いて下さり、「たくさんの人が、この施設に見学に来るべきです
ね」と口々におっしゃっていました。
・ほとんどの方が高齢者の方でしたので、広い施設内の歩行が困難の方には、5台の車椅子を使って
いただきました。






(104) 3月12日(月) 
★中部農林高校分教室(22人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
・「ごみの分別や減量について、大変勉強になりました」などの感想をたくさんいただきました。
皆さん素直で、積極的な質問もありました。





(103) 3月6日(火)
★豊見城市女性団体連絡協議会(17人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
・それぞれの地元で活躍されている皆さんです。熱心な質問がたくさんあり、
ごみ減量のために何ができるかを口々にお話をされていました。
 

5階ごみピットの前のクレーンの実物大写真の前で、記念写真をパチリ。
 

ガイドの説明を熱心に聞いていらっしゃいます。ひとつひとつの説明に関心を向けてくださいました。



(102) 3月6日(火)
★八重瀬町世名城ガジマル会(30人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
分別の大切さを改めて、感じた方が多かったようです。 
見学の後は、東村のつつじ祭りに行かれたようです。
地域で仲良く視察と観光をされて、素敵なみなさんでした。
 


DVDを上映した後、ガイドが那覇市のごみの現状を話しています。みなさん熱心に聞いて下さって
います。


那覇市のごみ処理の取り組みに、みなさん非常に感心されていました。




(101) 2月25日(土)
★読谷村婦人会(25人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
 ・お元気で、意欲的なみなさんで、たくさんの質問がありました。ごみの現状や分別、減量の
仕方など、とても熱心に聞いてくださいました。
 ・工場棟内の移動は、エレベーターと階段を併用して使いました。3階〜5階の移動なので
「こちらの方々は、体力使いますね〜。やせますね。」というつぶやきが、たくさんありました。
確かに、ガイドは体力はついています(痩せているかどうかは、人それぞれですね。)
 

不燃ごみピットの前で説明しています。スプレー缶は、不燃ごみと間違える方が多いので、
「中身を使い切って、資源化物として出す」ということを話しています。


焼却灰のリサイクルについて、説明しています。




(100) 2月21日(火)
★那覇市自治会長会連合会(約40人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
・ごみ処理について大変関心が高い方ばかりで、ガイドへの質問の中には、具体的でまた専門的
な内容もありました。
ガイドも、いろいろな質問に対応できるよう、日々勉強の毎日です。
・那覇・南風原クリーンセンターの後、午後は那覇エコアイランドの見学に行かれたようです。
・何人かの自治会長さんは、地元自治会でクリーンセンターの見学の計画を立てる、とおっしゃっ
ていました。家庭で出たごみの処理を知ることは、とても大切なことです。
・自治会長の皆さんを通して、各地域のみなさんが見学にいらしていただけたら幸いです。






(99) 2月17日(金)
★沖縄工業高校1年生(40人)の皆さんが、「地球環境化学」の授業の一環で見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
・初々しい1年生の見学でした。説明を良く聞き、ガイドからの問いかけにも、一生懸命答えて
くれました。 
・「クリーンセンターで学んだことを学校生活や学習に活かします」と、最後にお礼の言葉をもらいま
した。来年度も見学にいらしてくれるようです。

 




40人の生徒のうち、数少ない女生徒さんたち。

(98) 2月13日(月)
NPO法人おきなわ環境クラブ引率のJICA研修生(8人)の皆さんが見学に訪れました。
  カリコム諸国(カリブ共同体)からの研修生の皆さんで、持続可能な観光・開発を学んで
いらっしゃいます。

ガイドのつぶやき
それぞれの国(ジャマイカ・ベリーズ・バルバドスなど)では、環境省や観光局の職員さんですが、
那覇市のごみの分別や収集について、とても興味があるようで、たくさんの質問がありました。
観光と環境は、切っても切れない関係なので、みなさん熱心なのでしょう。
 ・焼却灰をリサイクルして、「スラグ」や「メタル」を作っていることにも感心していました。
 ・おきなわ環境クラブさんのJICA研修は男性の研修生が多いのですが、今回は全員女性。
ガールズトークの明るい笑い声が響き、楽しい見学でした。







(97) 2月9日(木)
★那覇市でグランドゴルフされている「なかよし会」(7人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
自分が出したごみが、どのように処理されているかを知りたかったので、今回見学にいらした
そうです。 「センター内は、ホテルのようにきれいだ」、「こんなたくさんのごみを処理しているの
に、においもなく、すごいですね」という感想がたくさんありました。
ガイドしていてこのような感想をいただくと、とてもうれしいです。







(96) 2月2日(木)
★パソコン教室まかび(27人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき
就職に生かすために、パソコンの技術を学んでいっしゃる方々です。とても一生懸命で、日々の
ごみ出しについての質問がたくさんありました。







(95) 1月28日(土)
★イオン琉球(株)「イオンチアーズクラブ」(15人)の皆さんが見学に訪れました。
ガイドのつぶやき 
 ・各店舗近隣に住んでいる子どもたちが集まって、環境に関する活動をしているそうです。
今回は、那覇店の活動でいらっしゃいましたが、これから他店舗でも「イオンチアーズクラブ」
を広げていくそうです。

 
(写真1)担当の職員の方が、大変感激されていた双方向シアター。ごみや地球温暖化、水や森林
などについて、環境に関すること全般について、このシアタークイズで学ぶことができます。

 


(写真2)社会貢献の一環として、環境活動に取り組んでいる企業が増えています。イオン琉球(株)
さんは、その先駆け。自社店舗でも、環境に配慮した販売にとても力を入れています。


(写真3)低学年のお子さんが多かったのですが、DVDもクイズも、ガイドの説明もしっかり聞いて
くれました。


(写真4)見学の皆さんは、ごみピットの大量のごみを見て、びっくりします。同時に、このごみが
適正に処理されていることにも、関心されています。