2014年9月

ここでは、クリーンセンターを訪れる皆さんの見学の様子を掲載しています。

(1)9月3日(水)
 与那原小学校4年生 137人の見学でした。
 県内の先進的なごみ処理について、関心を持ちながら見学していました。
 
(写真:与那原小研修室)
エコッキーという可愛いキャラクターが、
ごみ処理について説明をするDVDを鑑賞しています。

 
(写真:与那原小分別ゲーム)
休憩時間に、ごみ分別ゲームを楽しんでいます。

 
(2)9月9日(火)
沖縄県経営者協会 33人の皆さんの見学でした。
県内企業で活躍している女性の皆さんで、
とても熱心に視察をされていました。
 
(写真:経営者協会)
ごみが溜められているピットの前で、
ごみ処理について説明をしています。

 
(3)9月10日(水)
真嘉比小学校4年生 66人の見学でした。
聞いた内容はワークシートに
隙間なくメモする生徒たちでした。
 
(写真:真嘉比小プラットホーム)
たくさんのごみ収集車を見て、
喜んでいる生徒がたくさんいました。

 
(写真:真嘉比小クレーン前)
クレーンがごみを吊り上げる様子に、
歓声をあげていました。

 
(4)9月12日(金)
大名小学校4年生 29人の見学でした。
1クラスで少人数なので、
とてもまとまりがあるクラスでした。
説明をしっかり聞き、熱心に見学していました。
 
(写真:大名小工場棟へ)
研修室がある管理棟から、
工場棟に向かいます。
渡り廊下で、ガイドが見学の注意事項を話します。

 
(写真:大名小プラットホーム) 
プラットホームでは、ごみの量やごみ収集車の搬入台数などの説明や
臭気対策などについても話します。

 
(5)9月16日(火)
オキナワインターナショナルスクールの皆さん 28人の見学でした。
4歳児の子どもたちでしたが、しっかり話を聞いていました。
この学校は、毎年見学に来ています。幼い頃からごみについて
学ぶ取り組みは、素晴らしいです。
先生が、ガイドの説明を英語で通訳して、2つの言語を理解している
子どもたちにもびっくりしました。
 
 
(6)9月17日(水)
小禄南小学校4年生 128人の見学でした。
ガイドに話しかける生徒が多く、
和気あいあいの見学でした。
説明内容も、しっかりメモをとり熱心な見学態度の
生徒たちでした。
 

(7)9月25日(木)
那覇市クリーンサポーターの皆さん25人の見学でした。
那覇市クリーン推進課が主催して、
地域で活躍するクリーンサポーター研修でした。
 

(8)9月27日(土)
 月1回の合同見学、5人の参加がありました。
 今回は、南風原エコセンターのスタッフの皆さんが参加されました。
 エコセンターは、南風原町役場内にある
 ごみ減量などの環境問題を学べる施設です。
 皆さん、ごみ問題に関わっているので、
とても熱心に見学をしていました。