2017年9月

9月6日(水)
 天久小学校4年生
 5クラス165人の見学でした。
 大人数の見学でしたが、児童たちの協力もあり、
 予定の時間通り、見学を終了しました。
 児童の中には「クリーンセンターは、見ることがたくさんあって楽しかった〜!」と、
 つぶやく子もいました。
 
(写真:天久小研修室)
研修室で、クリーンセンターの説明DVDを鑑賞しています。
エコッキーという可愛いキャラクターが案内役なので、
とてもわかりやすいです。
(写真:天久小ゲームコーナー)
ごみ分別ゲームで、盛り上がっています。
エコッキーが、ごみの分別の質問をし、
10秒以内で、ボタンを押して回答する、というもの。
子どもたちは、歓声をあげながら、
楽しんで学習しています。
 
9月7日(木)
 与儀小学校4年生2クラス56人の見学でした。
 元気いっぱいの児童たちでした。
 ガイドの説明をしっかり聞いていました。
(写真:与儀小ごみピット)
 ごみピットで、クレーンがごみを掴んで、
 焼却炉に入れる瞬間を見ています。
 大歓声があがっていました。
 
9月8日(金)宇栄原小学校4年生
  3クラス101人の見学でした。
  「今日見学した内容を、家族に伝えて、
   ごみを減らします」と感想をもらいました。
   明るく元気な児童ばかりでした。
(写真:宇栄原小研修室)
 クリーンセンターの説明DVDを鑑賞しています。
 
9月8日(金)沖縄クリスチャン学園の皆さん5人の見学でした。
 小3,小4の児童、先生方3人でいらっしゃいました。
 児童たちは、ごみの量、ごみピットの大きさに
 とても驚いていました。
 先生方からの質問も多く、
 少人数だったので、
 ガイドにその都度質問をしていました。
(写真:沖縄クリスチャン学園研修室)
 DVDをを鑑賞しています。
 同じ時間帯に、宇栄原小4年生の1クラスが、
 DVDを鑑賞していたので、合流させてもらいました。
 
9月13日(水)那覇小学校4年生2クラス
 72人の見学でした。
 台風接近の雨風が強い中、
 バスからの移動が大変な天気でした。
 子どもたちからは、たくさんの質問がありました。
 ごみ処理方法やごみ処理費用の質問をはじめ、
『煙突に雷が落ちたらどうなるのですか?』など、
普段出てこない質問もありました。
 
雷については、専門の職員の回答で、
「避雷針が煙突についていて、
 雷の電流は地面に流す」ということでした。
 
9月13日(水)
 与那原町身体障がい者協会の皆さん11人の見学でした。
 クリーンセンターの取り組みを参考にして、
 ごみ減量・リサイクルに活かしたい、とのことでした。
 
9月14日(木)
 松川小学校4年生3クラス74人の見学でした。
 3クラスですが、1クラスの人数が少ないので、
 質疑応答がしやすかったです。
 
 この日も、台風の影響で風が強かったです。
 児童から
 「風の強い日でも、
 ごみ収集をしてくれる職員の方に感謝したい」という
 意見がありました。
 
 
9月15日(金)
  城南小学校4年生2クラス69人の見学でした。
  近いので、徒歩で来ていましたが、
  疲れも見せず、元気いっぱいに見学していました。
 (写真:城南小ごみピット)
  ごみを溜めているごみピット。
  深さが30mあるので、「わあ〜」という歓声が
  響いていました。
 
9月27日(水)
  曙小学校4年生2クラス40人の見学でした。
  全員が「AKeB」と書かれたTシャツを着ていて、
  とてもかわいらしく、学年全体に一体感がありました。
  ごみピットで、クレーンが焼却炉に入れる瞬間を
  2回も見ることができたクラスがあり、
  「すご〜い」と喜んでいました。
(写真:曙小研修室)
 クリーンセンターの説明DVDを鑑賞しています。
 
9月27日(水)
 那覇市クリーンサポーターの皆さん37人の見学でした。
 毎年1回行われるクリーンセンターでの研修会でした。
 地域で、ごみ分別指導を熱心にされている方々なので、
 ガイドの説明にも熱が入りました。
   
(写真:クリーンセンタープラットフォーム)
 収集車がごみを搬入するプラットフォームです。
 
9月29日(金)
 城東小学校4年生3クラス100人の見学でした。
 この小学校も近いところにあるので、
 徒歩で来ました。
 見学中はたくさんの質問がありました。
 「パッカー車の色の違いは?」とか、
 「中央制御室で働く人の休憩室はあるんですか?」
 などなど、見学していると、いろいろ質問したいことが出てくるようですね。