2017年10月

10月4日(水)
NPO法人おきなわ環境クラブ引率で
JICAの研修生の皆さん12人の見学でした。
エコツーリズムの研修の一環で、
ごみや環境に取り組む施設を見学しているそうです。
(写真:クイズ)
通訳の方が、スペイン語に訳して、
ごみ分別のクイズをしています。
自国の分別とは違うので、
正解できず、
笑い声が響いていました。
(写真:クレーン前)
ごみピット前に展示されている
「クレーンの実物大写真」を前に、
全員で写真撮影をしました。
 
10月10日(火)
オキナワインターナショナルスクール5,6才児の皆さん
26人の見学でした。
ガイドの説明をとても熱心に聞いていました。
子どもたちは、
「ごみを減らすために、『食べ残しをしません』
紙を大事に使い、使い終わったらリサイクルに出します』」と、
説明したガイドと約束していました。
 
10月14日(土)
イオン琉球株式会社のこどもエコクラブ「イオンチアーズクラブ」の皆さん6人が
見学にいらっしゃいました。
日頃、環境活動をしているので、
ごみ処理についても、とても興味があり、
たくさんの質問がありました。
(写真:チアーズクラブ)
5階の展望フロアから、
焼却灰を溶かして取り出した「メタル」と「スラグ」を
見ています。
 
10月18日(水)
ピアノ調律クリエイトの皆さん5人の見学でした。
ピアノ調律師の仲村さんが、
職場体験に来た中学生に、
「ごみについても興味を持って欲しい」という主旨で
見学に来ました。
(写真)
5階の展望フロアで、
最終処分場の話を聞いています。