2019年4月

☆4月11日(木)「沖縄県立南部農林高校環境創造科1年生」38人の皆さんの見学でした。
 新入学生の合宿研修の一環として、ごみに関して学びにいらしたそうです。
 とても熱心にガイドの話の話を聞き、学校から出された課題に沿ってメモを 取っていました。
 
 ごみ収集車が、ごみを搬入する「プラットホーム」を見学しています。
 ここに搬入される1日のごみの量や収集車の数、収集員の人数などの説明をしています。 
 
☆4月12日(金)・18日(木)・19日(金)「小学4年生社会見学合同説  明会」を3日間にわたり開催しました。12日は74人、18日は13人、19日は22人の先生方が参加しました。
   小学4年生の社会見学の一環として、4月から7月にかけて、ごみ処理施設見学があります。当日の見学がスムーズに行われるように、毎年合同説明会を開催しています。先生方は、家庭訪問などがあり、忙しい合間を縫って参加されています。

研修室で、見学当日の流れ、持ち物、注意事項など、詳細を説明しています。
 
☆4月18日(木)「沖縄カトリック小学校4年生」の皆さん3クラス108人の見学でした。
 学校に戻ってから、見学のまとめをするために熱心に写真を撮っていました。
 今年度になって初めての新4年生の見学でした。とても元気いっぱいの4年生でした。

研修室では、見学のスケジュールの説明とクリーンセンターのDVDを鑑賞をします。
 
☆4月22日(月)「琉球大学農学部」の皆さん17人の見学でした。
 ゼミの一環として、見学にいらっしゃいました。見学中はガイドの説明をうなずきながら、熱心に聞いていました。
 
ごみをためているごみピット内で、クレーンがごみを掴んで、焼却炉の入口に入れる様子を見学しています。
 
 
☆4月24日(水)「城北小学校4年生」の皆さん140人の見学でした。
 休憩時間に、クラス一丸となって、環境クイズやごみ分別クイズで盛り上がっていました。クリーンセンターと近い地域に住んでいるので、また見学に来たい、と口々に言っていました。
 
☆4月24日(水)「沖縄リサイクル運動市民の会」の皆さん8人の見学でした。
 「買い物ゲーム」という環境ゲームを地域や小学校で開催している団体ですが、そのゲームのファシリテーター(進行役)になる方々の見学でした。
 環境教育を専門にされている方々なので、とても熱心にガイドの話を聞いていました。